【Win/Mac】データを共有・兼用するなら『I-O DATA(アイ・オー・データ)のHDD』で決まり!※フォーマットの注意点

WindowsとMacでデータを共有できる逸品!

WindowsとMac間でデータを共有できるのが『I-O DATA(アイ・オー・データ)のHDD』です!

“Point!”
通常のHDDは、両方での共有ができません!

どちらか一方で使用していたものを接続すると、今までのデータが真っ白になってしまうことも!
WindowsとMac間でデータ共有できるモデルは限られています。

▽実際に購入したモデルはこちら。
Windows MacBookPro 後悔
Windows MacBookPro 後悔

1TBで、かなりコンパクト!
とても良い商品ですが、1つ注意。

“Point!”
ケーブルがUSBなので、USBタイプCのMacを使用の場合はそのまま指せません!変換アダプタが必要になります。

アップルの純正品もあります!

フォーマット前にお知らせ

実は衝撃的な事実があります。

“Point!”
Mac側でフォーマットできない!

NTFS-3G for Mac I-O DATA(macOS用ソフトウェア)ダウンロードページにいくと、『※ macOS 10.14 は非対応です。』との記述が。

I-O DATA(アイ・オー・データ)のHDD Windows MacBookPro

わたくしのMacBookProさん、『macOS 10.14』ズバリ出てます・・・!
自暴自棄になってもうMac専用でいっか、とMac用にフォーマットしたよね。。

I-O DATA(アイ・オー・データ)のHDD Windows MacBookProI-O DATA(アイ・オー・データ)のHDD Windows MacBookPro

“Point!”
でも早まってはいけなかったのです!

使えなかったのはMac側で設定するソフトウェア。
じゃあWindows側では?と思ったわけです。

結論!
I-O DATA ハードディスクフォーマッタ(Windows用ソフトウェア)なら出来た!!

Windows・フォーマット手順

Macのバージョンが対応してない方は、I-O DATA ハードディスクフォーマッタ(Windows用ソフトウェア)のWindowsで試してみてね!

“Point!”
HDDを接続した状態で行わないとフォーマットできません!

ハードディスクフォーマッタのダウンロード

I-O DATA(アイ・オー・データ)のHDD Windows MacBookPro

お持ちのWindowsのOSに合ったソフトウェアをダウンロード!
ダウンロード後は解凍。
『iohddfmt231』フォルダ内の『HDDFMT』アプリケーションをダブルクリックで立ち上げます。

フォーマット形式を選択

I-O DATA(アイ・オー・データ)のHDD Windows MacBookProI-O DATA(アイ・オー・データ)のHDD Windows MacBookPro

・フォーマット形式『exFAT』
・パーティション形式『GPT』
上記を選択し、次へ。

実行する

I-O DATA(アイ・オー・データ)のHDD Windows MacBookProI-O DATA(アイ・オー・データ)のHDD Windows MacBookPro

同意し、実行します。

完了したら、取り外す

I-O DATA(アイ・オー・データ)のHDD Windows MacBookPro

Windowsでの取り外し方法は、このように取り外しを行ってからUSBを抜きましょう。

確認する

I-O DATA(アイ・オー・データ)のHDD Windows MacBookPro

再度Windowsに差し込み、HDDにJPEG画像やらメモ帳などを保存。
それをMacBookProで開いてみました!
問題なく保存されているし見れます!

I-O DATA(アイ・オー・データ)のHDD Windows MacBookPro

画像をMacのデスクトップへコピーも問題なし!

I-O DATA(アイ・オー・データ)のHDD Windows MacBookPro

Macにある画像データをHDDにコピーも問題なくできました!

I-O DATA(アイ・オー・データ)のHDD Windows MacBookPro

MacからHDDに入れたデータを、Windowsで確認!
これも問題なかったです!

“Point!”
なんと日本語も文字化けしてない!

これには感動しました!!
Macから送られてきたデータを見て、文字化けしてた時の何とも言えないゲンナリ感。あれがないって素晴らしい!

I-O DATA HDD まとめ

WindowsとMac感で問題なく、スムーズにデータを共有できました!
日本語の文字化けがないのもポイントかなと。

ただし、
・USBタイプCのもの(MacBookPro2018)へは変換アダプタが必要です。
・MacBookPro2018ユーザーの場合は、Macでのフォーマットができません
ここに気を付ければ、かなり優秀なHDDだと思いました!