【Win/Mac】WindowsユーザーがMacBookを買って後悔したことから学ぶ周辺機器

Win・Mac兼用します

Windows MacBookPro 後悔

長年Windowsユーザーで、仕事用にMacBookProを買いました。
WinとMacを兼用して、今後は徐々にMac移行していく予定です。

“Point!”
WindowsにするかMacBookにするか悩んでる方や、Mac購入を決めたけど、どんなことに気を付けるべきか知りたい方へ向けて書いています。
“Point!”
ちなみに私はグラフィックデザインなんかの仕事をしているわりにアナログ好き、デジタルに疎いタイプです。お手柔らかにお願いします。

正直paypayの20%還元にのせられて購入したMacBook。
本体のことは調べまくってカスタマイズしたMacBookProを購入したけど、周辺機器がお留守になっていました。

今でも使用しているWindowsノートパソコンが、dynabook T554 T554/76LR

Windows MacBookPro 後悔

・USBポート(差し込み口)が3つもある。
・外付けHDDは直指しで使える。
・HDMIポートがあるので、PCモニターに出力できる。
・カメラで撮った写真は、SDカードを本体にさして取り込む。
・DVD、Blu-rayが見れる。

基本Windowsって、ノート型でも使える性能盛りだくさん!
今までこのノートでほとんど何でもできた!
困ったことがなかった。
けど…

“Point!”
Macはぜーーーんぶ外付けなんですね・・・・!

そのギャップに苦しみました。

Mac対応周辺機器が少ない!

USBタイプC

2016年以降のMacBookProがUSBタイプC(Thunderbolt3)になったことが全ての元凶。
もとい、Apple的には様々なケーブル(充電ケーブル・HDMIケーブル・USBケーブル等)を一本にまとめるという、利便性向上を図った結果なので仕方ないのですが。

まだまだタイプCの周辺機器が充実していないのが現状。
しばらくは変換アダプタが必要になる場面が多くなりそうです。
そこで、必要となるのがUSBからUSBタイプCへ変換してMac接続できるハブ。

Windows MacBookPro 後悔Windows MacBookPro 後悔

Dadandall USB3.0スーパースピード4ポートハブ
私の場合は指しやすさ重視で選びました。

また、このUSBも『USB3.0』と『USB2.0』という規格があります。
これは転送速度の違いで、『USB3.0』は『USB2.0』の10倍と言われています!

“Point!”
USB3.0を選ぶこと!USB3.0に対応してるものは、USBの口が青色になっているのでチェック!

その点はOKなのですが…
結論からいうと失敗です;
最後のまとめで、イチオシを紹介します。

外付けHDDポータブル(Win・Mac兼用)

大容量のデータを保存しておくのに必須なHDD。
なるべくコンパクトで、WindowsとMacで兼用できるものを探していました。
というのも…

“Point!”
Windowsで使ってるHDDをMacに差しても使えない!データが消えちゃう!

ヤマダ電機の店員さんに聞くまで知らなかった!
危ない危ない…

当たり前のように共有できるものと思っていましたが、やはりWindowsとMacでは互換性がないので通常のものでは共有ができません。
Macに差したら『フォーマットしますか?』などの文字が出てきて、誤ってフォーマットでもしたらデータが真っ白になっちゃいます!
そこで、WinとMac兼用で使用する方には、I-O DATA(アイ・オー・データ)がオススメ!

Windows MacBookPro 後悔Windows MacBookPro 後悔

私は、アイ・オー・データ機器 ポータブルHDD「カクうす Lite」1TBブラック(HDPH-UT1K)を購入。
実際に使用し、WindowsとMacでデータ共有ができました!
素晴らしい!

▽共有セットアップはこちらの記事
【Win/Mac】データを共有・兼用するなら『I-O DATA(アイ・オー・データ)のHDD』で決まり!※フォーマットの注意点

マウス

MacBookユーザーだと、マウス使わずにトラックパッド使う人の方が多いのかな?と思いますが、マウスの場合はどうするか?

“Point!”
ワイヤレスBluetooth対応にする!

¥1,595で買える安いマウスもたくさんあります!

SDカード

“Point!”
1つめ!
wifi機能つきSDカードにする!

Wi-Fi機能付きのSDカードが主流になってきました。
やはりその使い勝手にみなさん導入してるみたいですね!

その中でもオススメが、『ワイヤレスSDHCカード Eyefi Mobi Pro(アイファイ モビプロ) 32GB Class10 WiFi内蔵』

・1,000 機種以上のデジタルカメラに対応
・RAW転送可能
・WiFiルーター経由の高速転送
・必要な画像だけを選んで転送可能
・直接パソコンに転送できる
・容量無制限の「Eyefiクラウド」 1年間付き!

Eyefiカードを自動検出してくれるので、Macに専用アプリを入れてペアリングさせるだけで使用可能!
アプリのダウンロードはこちら。

“Point!”
2つめ!
Wi-Fi接続可能なカメラならMac接続可能!

正直けっこう面倒なセットアップが必要。
この方法は改めてご紹介します!

DVD・Blu-ray

“Point!”
Mac純正で、Blu-ray対応のものはありません!

DVDであれば純正があります。
【純正】Apple AppleUSBSuperDrive MD564ZM/A

Blu-ray対応の場合は『ロジテック BD ブルーレイドライブ』がオススメ!

・MacOS対応
・USB3.0
・Type-Cケーブル対応
・Blu-Ray読み込み再生
・編集書き込み可能(Winのみ)

ファインダーからのデータ書き込み、Apple DVD Playerで市販DVDの再生、iTunesを使ってのCD視聴、DVD/CDメディアを利用したソフトウェアのインストールすることができます。
Macbook proでの再生の場合は、ソフトはフリーのLeawo Blu-ray playerでいけるとのこと!

周辺機器だけでもっさりゲンナリ!

Windows MacBookPro 後悔Windows MacBookPro 後悔
 

“Point!”
大変なことに・・・持ち歩けないじゃん・・・

周辺機器の接続がもっさり!
これ見てゲンナリ。

これで解決!

なるべくもっさりゲンナリしないよう、2つの方法でまとめてみました。

ぜーんぶ1つのハブで!

“Point!”
1台7役のハブ、ありました!

MixMart USB C ハブ MacBook Air 13 2018 Macbook Pro 13/15インチ用 Type-C ハブ 40Gbps Thunderbolt 3 4K HDMI PD急速充電 Micro/SDカード USB 3.0ポート×2 マルチ 変換アダプタ

・4K HDMI × 1
・USB 3.0ポート × 2
・SDカードスロット × 1
・MicroSDカードスロット × 1
・Thunderbolt 3ポート(PD充電) × 1
・USB-C ポート(データ転送) × 1

接続がめっちゃスタイリッシュ!
Macの純正かってくらいのマッチしている。
これに買い替えようか悩む。。

Bluetooth・Wi-Fiで回避

とにかく接続したくない派には、Bluetooth対応商品またはWi-Fi対応商品で回避!
 

“Point!”
使用環境に合わせて、選んでみてください