Macデフォルト機能だけで一括画像リサイズ!画像サイズの変更もラクラク。

macデフォルト機能 一括画像リサイズ

Macで簡単!一括でできる画像リサイズ

画像のリサイズに、専用のソフトを使用してる方も多いと思います。
が、Macのデフォルト機能で十分ですよ!

Macのデフォルト機能でも、一括で画像リサイズできちゃうのでご紹介します。

この方法を使用すると、元画像への上書き保存となります。
元画像は残したまま、別ファイルでリサイズしたい場合はコピーしておきましょう。

Finderでの画像リサイズ方法

リサイズしたい画像を選ぶ

mac 画像リサイズ 一括

リサイズしたい画像を選びます。

複数選択:「command」を押しながらで追加選択でいます
範囲選択:開始ファイルを選択、「shift」を押しながら、終了ファイルを選択。
全選択:「command + A」

ファイルを開く

mac 画像リサイズ 一括

「command + O」でファイルを開きます。
画像のように、メニューバーからも開くことができます。

別ウィンドウでファイルを全選択

mac 画像リサイズ 一括

別ウィンドウが開きます。
別ウィンドウで表示されている画像を全選択します。
「command + A」で簡単にできます。

サイズ調整を選択

mac 画像リサイズ 一括

メニューバーの「ツール」から「サイズ調整」をクリック。

変更サイズを入力

mac 画像リサイズ 一括
mac 画像リサイズ 一括

デフォルトサイズが表示されます。
変更したいサイズを入力しましょう。
「OK」をクリック。

「調整後」のサイズとして、ファイルの大きさも表示されます。

自動リサイズされる

mac 画像リサイズ 一括

画像枚数が多い場合は、若干リサイズに時間がかかります。
リサイズが終わると、フォルダ名のところが「編集済み」になります。
これで完了!

まとめ

mac 画像リサイズ 一括

Macのデフォルト機能だけで、簡単に一括リサイズできました!
5.3MBあったファイルを300KBまで軽くすることができました。

ぜひ使ってみてください〜