MacBook手に入れたらやることリスト!付属品とセットアップにかかる項目と時間

MacBookPro

MacBookPro2018!

MacBookPro2018の、付属品とセットアップ項目とかかる時間について解説します。

MacBookProの梱包状態

MacBookProMacBookPro

薄いMacBookが入ってるにしては、めっちゃ分厚い箱!

MacBookPro入ってるもの

MacBookProMacBookPro

箱の中身は、
・MacBookPro本体
・充電器(USBコード)
こんだけ!
充電器がムダにデカイ!すごい厚みと重量感があります;

MacBookProは勝手に起動開始される!

MacBookProMacBookPro

MacBookProは、開けた瞬間からセットアップが開始される!勝手に!(笑)
薄〜い紙をとっぱらったら、すでに起動されててビビります!
誤作動かと思い、ググったら仕様のようでした。

起動からセットアップは全部で16項目も!

セットアップ項目がかなりありました!
気軽な気持ちで開けちゃうと時間とられて大変!
時間ある時に開封するのをオススメします。

ちなみにググりながら手探りで進めた結果、小一時間くらい設定にかかりました;
Mac初購入の場合は、それなりに時間かかります〜。

項目別でセットアップ紹介!

MacBookPro セットアップMacBookPro セットアップMacBookPro セットアップMacBookPro セットアップ

  • 言語を選ぶ
  • 国(場所)を選ぶ
  • キーボード入力環境(ローマ字/カナ)
  • Wi-fiネットワークを選択

このMacに情報を転送

MacBookPro セットアップ

別のMacまたはwindowsPCに重要な情報がある場合は、新しいMacに転送できます。

情報の転送方法は2種類から選べる。
後から転送する方法もあるので、とりあえず後回しにしてもOK!

  • Mac、Timemachineバックアップ、または起動ディスクから
  • WindowsPCから
  • 今は情報を転送しない

AppleIDでサインイン

MacBookPro セットアップMacBookPro セットアップMacBookPro セットアップMacBookPro セットアップ

AppleIDが必要になります。
iphoneユーザーはお持ちのAppleIDでサインインでOK!
Apple初の方は、AppleIDを新規作成します。

↓AppleIDを新規作成の場合

  • 生年月日を入力
  • 電話番号を入力(SMS/音声通話)
  • 確認コードを受信したら入力する

利用規約とコンピュータアカウント

MacBookPro セットアップMacBookPro セットアップ

利用規約は「同意する」で次へ。
コンピュータアカウントは必須事項を埋めます。

  • フルネーム:ログイン時に表示される名前なので、フルネームが嫌な場合は、フルネームじゃなくてもOK!「英数字」推奨!
  • アカウント名:ホームディレクトリの名前になります。「フォルダ名」のようなもの。
  • パスワード:特に文字数制限はない
  • パスワードのヒント:パスワードを忘れた時に出てくるヒント。日本語もOK。
  • 位置情報に基づいた時間帯情報:このチェックを外しちゃうと時計時間が合わなくなるので注意!後から設定変更もできます。

icloud・キーチェン設定

MacBookPro セットアップMacBookPro セットアップ

icloudが自動で設定されます。
それに付随して、icloudキーチェンを使用するか選択できるようになります。

iCloudキーチェーンを使えば、パスワードやその他の機密情報をお使いのすべてのデバイスで最新の状態に同期できます。
iCloud キーチェーンが記憶してくれるので、自分で覚えておく必要がありません。Safari のユーザ名やパスワード、クレジットカード、Wi-Fi ネットワーク、ソーシャルネットワークのログイン情報などの情報は、承認済みのすべてのデバイスで自動入力されます。
参考:iCloudキーチェン

MacBookのみでパスワード管理を行う場合は必要ないかな?と思います。
iphoneと両刀で、いろんなログインを繰り返し行うような場合にはiCloudにしておくとラクかと。
あとで設定も可能。

位置情報設定とSiri設定

MacBookPro セットアップMacBookPro セットアップMacBookPro セットアップ

  • エクスプレス設定:ここでAppleIDのサインインが完了とのこと!長い!
  • 位置情報サービスを有効にする:ここでの設定を「有効」にしないと、時計の時間がおかしなことになります。後から設定もできますが、「有効」を推奨。
  • Siri:「Siriに頼むを有効にする」を推奨!いろんなデータや設定フォルダを探す時にSiri大活躍!

セットアップを終えて:まとめ

MacBookPro

これで設定完了です!
全16項目ほどありました!

やっとやっとホーム画面(笑)
けっこう長い道のりです。

「後から設定」できるものがけっこうあるので、飛ばしちゃってもOKかと思いますが・・・
後から探すの大変なので、できるだけその場で設定しちゃったほうが結局は早い!

余談ですがSiriに聞くのが一番早い

Siri設定 有効

あと、困った時はSiri頼りでイケます!
画面右上にSiriが待機してくれているので、Siriに聞いちゃいましょう。

「Hey Siri」の掛け声での起動でOK!
アイコンをポチっとなでも起動できる。

ちなみにショートカットキーで起動可能。
デフォルトは「コマンドキー + スペースキー」長押し。
ショートカットキーの設定変更もできます。

それでは、セットアップお疲れ様でした〜!