Adobe Creative CloudがDropboxの代わりになる!ただし複数ダウンロードできない?

Creative Cloud ファイルストレージ

Adobe Creative CloudがDropboxの代わりになる!

Adobe Creative Cloudに契約するとついてくる嬉しい特典が、
ファイルの無料オンラインストレージ機能
無料で100GBたっぷり使えるという神っぷり。
このファイルストレージ機能を使えば、Dropboxの代わりにもなるんです。

スマホとPC間のデータのやり取りを簡単便利にすることもできます!

▼Androidで使用する

http://indigi.work/design/adobe/creativecloud_android.html

▼合わせて読みたい記事

https://indigi.work/design/adobe/adobecc_kinou.html

Creative Cloudファイルストレージの注意点

「Dropboxの代わりにもなる」と言いましたが、1つ注意点があります。
それは複数ダウンロードができない場合がある点。

ファイルストレージは、2種類の使い方ができます。
PCからフォルダを開いて使用する場合と、webブラウザで表示させる場合です。

フォルダ:複数ダウンロードできる
webブラウザ:複数ダウンロードできない

それでは、それぞれのダウンロード方法を確認していきましょう。

フォルダからファイルをダウンロードする

Creative Cloud ファイルストレージ ファイルCreative Cloud ファイルストレージ ファイル

Adobe Creative Cloudアイコンより「ファイル」をタブをクリック。
「フォルダーを開く」をクリックで、フォルダが立ち上がります。

Creative Cloud ファイルストレージ ファイル
Creative Cloud ファイルストレージ ファイル

フォルダ内にあるファイルを、複数PCデスクトップへダウンロードしてみました。
無事ダウンロード完了!

ただし普通にドラッグ&ドロップするだけだと、Creative Cloud上からファイルが移動してしまいます。
「option(alt)」押しながらドラッグ&ドロップでコピーできます。

このように、フォルダからダウンロードする場合は複数可能!

ブラウザからファイルをダウンロードする

Creative Cloud ファイルストレージ ブラウザ

ファイルを選択して、右上ボタンより「ダウンロード」を選択。

Creative Cloud ファイルストレージ ブラウザ

ダウンロード形式を「jpeg」か「png」を選んでダウンロードします。
この一手間がけっこう面倒くさいです。

複数選択した場合、「ダウンロード」の選択がでません。
よって、複数ダウンロードはブラウザではできません

Creative Cloud ファイルストレージ ブラウザ

複数選択して、PC上にドラッグ&ドロップしようとしてもダメでした。

Adobe Creative CloudがDropboxの代わりになるまとめ

無料で100GBたっぷり使えるオンラインストレージを使わない手はないと思います!
ただし、ブラウザ表示で使用する場合のみ「複数ダウンロードができない」ということを覚えておきましょう。

▼Adobe Creative Cloud関連記事

http://indigi.work/category/design/adobe